JCIクリード・JCIミッション・JCIビジョン・JC宣言・綱領・東北JC宣言

JCIクリード

We Believe;
That faith in God gives meaning and purpose to human life;
That the brotherhood of man transcends the sovereignty of nations;
That economic justice can best be won by free men through free enterprise;
That government should be of laws rather than of men;
That earth’s great treasure lies in human personality;
and That service to humanity is the best work of life.

■ 和 訳
我々はかく信じる
信仰は人生に意義と目的を与え
人類の同胞愛は国家の主催を超越し
正しい経済の発展は 自由経済社会を通じて最もよく達成され
政治は人によって左右されず法によって 運営されるべきものであり
人間の個性はこの世の至宝であり
人類への奉仕が人生最善の仕事である。

JCIミッション

To provide development opportunities:
that empower young people
to create positive change

■ 和 訳
青年が積極的な変革を創造し開拓するために、
能動的な活動ができる機会を提供する。

JCIビジョン

To be the leading global network of young active citizens.

■ 和 訳
青年の行動的市民活動を支援する国際的なネットワークをもつ先導的機関となる。

JC宣言

日本の青年会議所は
混沌という未知の可能性を切り拓き
個人の自立性と社会の公共性が
生き生きと協和する確かな時代を築くために
率先して行動することを宣言する

■ 解 説
日本の青年会議所は創始の時代とは大きく異なり、多くのNPOやNGOが設立された今、JC及びJaycee一人一人が、 我々はいったいどこのなにものなのか、まさにその主体としてのアイデンティティを明確に示すことが求められているのである。 日本の全てのLOMが共通に使える’我々’(We are)それが、日本の青年会議所である。
 
混沌という未知の可能性を切り拓き’混沌’とは’混迷’とは異なり、マイナスの状況を示すものではなく、 それ自体は正負どちらにも展開しうる、エネルギーが充満したニュートラルな状態を表すものである。 現実としては、いつの時代、どこの社会にも混沌はあり、それを切り拓き、新たな秩序作り出すことが出来るのが、我々青年である。 とりわけ今の日本社会にこそ、その混沌をどのように切り拓いてゆくかが問題の本質であり、青年会議所の真価が問われているのである。
 
豊かさや平和への思考が無条件に信じられた時代を経て至った現在の’混沌’というべき状況を、先行き不安という悲観的な捉え方ではなく、 青年の特権として、「未知の可能性」として前向きに捉え、それに向かっていくものこそ、 21世紀変革の能動者の姿であろう。個人の自立性と社会の公共性がボランティアであると同時に経済人であることが、我々JCの存在基盤である。
 
そこには常に、個人と社会人、それぞれのあり方の兼ね合いをどうするかという問題が存在する。個人としての自立が必要であることは言うまでもないが、 それだけではなく、公共にいかに貢献するかを考え行動することが必要なのである。
 
‘自立’にもさまざまな考え方があり’公共’にもいろいろな立場がある。それらの多様性をまさに「自立性」、「公共性」として、青年会議所は幅広く包含しつつ、 両者のより強くより高いバランスを求めなければならない。
 
生き生きと協和する確かな時代を築くために個人の自立性は度が過ぎれば、社会の必要を認めなくなり、社会の公共性のみを重んじれば、 個人はもはやそのための歯車に過ぎなくなる。「生き生きと協和する」とは、そのような極端な偏りが生じないように、それぞれの意義を認め、 それぞれを生かすことを意味する。そのバランスを取ることによって、’混沌’から’確かな時代’を築くことになるのである。
 
率先して行動することをこれまで述べてきた目的を達成するために、青年会議所がすべきことは、それを観念や理想として提示するだけではなく、 「率先して行動すること」こと、つまり様々な地域において、地域のリーダーとして具体的に行動することである。自ら進んでの行動こそが我々の使命であり、 その存在意義なのである。宣言する「宣言」は、それ自体がJCの外部に対しても守らなければならない、 守るための努力をしなければならない約束の表明であるJC宣言が「宣言」という言葉のみに終わらないようにするためには、 その成果、評価ばかりを求めていくのではなく、それを踏まえた実践を積み重ねなければならない。それでこそ、「宣言」としての本当の意味を持つのである。

綱 領

われわれJAYCEEは
社会的・国家的・国際的な責任を自覚し
志を同じうする者 相集い 力を合わせ
青年としての英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな社会を築き上げよう

東北JC宣言

われわれは 新たな価値を創造する旗手として
尊とい「結」の精神を呼び覚まし
かつてない未来を切き り拓くことを誓う

【東北JC宣言】

東北各地の青年会議所は、地域における様々な問題を解決し、明るい豊かな社会の実現に向けた運動を展開しております。地域を想い、地域の実情に目を向けながら活動する青年会議所のそれぞれが抱く熱意を共有し、連帯感から生まれるスケールメリットを発揮することで、計り知れない力へと繋がる、限りない可能性を有しているのです。
「東北JC」とは、東北地区内すべての青年会議所が「東北は一つ」という想いを共有する形を指します。
同じ志を持ち行動する全ての青年会議所が、地域に暮らす人々と共に、相互の信頼と尊敬から生まれる「結」の精神を育みながら力強い歩みを進めるため、ここに「東北JC宣言」を定めます。

【われわれは】

東北地区内すべての会員会議所会員を指します。

【新たな価値を創造する旗手として】

戦後日本は、先人たちの努力により高度経済成長期を経て世界トップクラスの経済大国へと成長を遂げました。しかし、社会を取り巻く環境の変化に伴い、より良い地域づくりへの取り組みに求められる価値観も変わります。各地で育んできた地域の文化を維持発展させながら、相手を思いやり、公共の幸せを願う気持ちを最上と捉える「新たな価値観」を創りあげ、困難な社会に対し、前向きな姿勢で取り組む必要があります。
旗手とは先頭に立って活躍する者であり、地域住民を先導し牽引するため、東北のJAYCEEが地域のリーダーである使命感を奮い立たせながら、次代を築き上げる旗手としての気概を強く持ち行動することが大切です。

【尊い「結」の精神を呼び覚まし】

人は誰しも相手を思いやり助け合う「結」の精神を心の奥に持っており、それはきわめて価値の高いものです。特に東北地方は昔から労働者や食物を貸し借りし、互いに協力し合いながら暮らし、生きるための「結」の精神が深く根付いており、東北に暮らす人々のアイデンティティとして秘めています。また、震災を受け厳しい状況下で、被災した人びとの行動により、東北には「結」の精神が確かに根付いていると誰もが改めて認識を強くしました。JAYCEEが展開する運動により、「結」の精神の大切さを確認しあうことで、新たな価値が広く浸透していきます。

【かつてない未来を切り拓くことを誓う。】

思いやりに満ち溢れ、自ら主体性を持って地域を良くしようとする気持ちを最も価値あるものとして捉える人々が各地で多くなるに従い、未来への展望が開けていきます。未来は誰も経験したことはありません。しかし、やがて来る未来を待つのではなく、今を変えることで未来を目指すべき方向へ変えることは出来ます。最も大切なことは目指すべき未来の実現のために、一人ひとりが出きることを行っていくことです。
一人ひとりに出来ることは溢れています。この時代に生きる意義をそれぞれがしっかりと認識し、今をどう生き抜かなければならないかを真剣に考え、責任世代としての役割を果たすことを誓い合うことで、東北各地の青年会議所運動がより力強く推進されるのです。

ページ上部へ戻る