2022年度理事長所信

基本理念

基本理念

2022年度理事長 太田 脩皓

2022年度理事長 太田 脩皓

大器晩成

~共により良く成長しよう!~

スローガン

挑戦を楽しもう!

基本方針

アクティブ・シチズンとなれ!
愛する我がまちのために行動しよう!
生き抜く知恵を与えよう!
共に挑む同志の輪を広げよう!
世代や距離を超えた仲間と交流しよう!

はじめに

 1951年1月15日の創立から70周年の節目を迎えた昨年、私たちは70周年長期ビジョン「誉れ!ひろさき運動」を策定しました。愛する地域と未来を担う子どもたちのために、この運動を着実に前に進め、誇らしいまち弘前を必ず実現する。そのはじめの一歩となる本年、全会員の心を一つにして運動を展開していきましょう!

共により良く成長しよう!

 青年会議所という団体は20歳から40歳までの限られた時間のなかで、志を同じくする仲間とともに、地域のため、仲間のためを想い行動することで互いに切磋琢磨しながら成長することができる団体です。様々な職種の会員が所属しており、入会した理由も人脈形成や社会貢献など、まさに十人十色であります。しかし、その根底にあったのは、「今よりもより良く成長したい」という願いからではないでしょうか。青年会議所のミッションは、青年により良く成長・発展するための「機会」を提供することであります。そし て、その「機会」は会員ならば誰もが手にすることができます。必要なのは一歩踏み出す勇気だけです。

 多くの人にとって未知への挑戦は怖い・面倒だと感じるかもしれません。しかし、過度に失敗を恐れ、目の前にある大切な機会を放棄していては、いつまでも成長は得られません。失敗とは決して恐れるものでも、ネガティブなものでもありません。それは挑戦したことの証であり、挑戦した人のみが得られる、成功を掴むための経験という名の財産なのです。そして、私たちには共に挑む仲間がいます。頼れる仲間と一緒ならどんな困難も恐れるに足りません。私たちの挑戦への道は、願うものには住み暮らす地域を超え、国を超え、世界まで繋がっているのです。

 大器は一夜にして成らず。いつの日か、より大きな成功を掴むために、どんどん挑戦してたくさんの財産を積み上げましょう。流した冷や汗と下げた頭の数だけ、私たちは成長できるのだから!

アクティブ・シチズンとなれ!

 私たち JAYCEE は英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を築き上げることを目的に日々活動しています。私たちが目指す明るい豊かな社会を実現するためには、様々な課題解決に向けて率先して取り組んでいかなければなりません。多くの市民は住み暮らすこのまちがより良くなることを願っています。しかし、ただ願うだけではそれは実現しません。

 誰かが率先して行動を起こさなければならないのです。それこそが JAYCEE の使命であり、青年会議所が社会に必要とされ続ける理由なのです。

 そして、アクティブ・シチズンとは何か。高度に発達した現代社会においては、抱える課題も複雑・多岐に渡ります。いかに有能なリーダーがいたとしても、これほど多岐に渡る課題を同時並行的に解決していくことはほぼ不可能であります。ではどうすれば良いのか。答えはシンプルです。会員一人ひとりが自ら目標を見つけ、課題解決に向かって行動できる存在、アクティブ・シチズンになればよいのです。更に、他の会員を巻き込みながらアクティブ・シチズンの輪を広げていくことで、多くの課題を同時に解決することが可能となるのです。ボスやリーダーを超えた存在、アクティブ・シチズンとなりましょう!

愛する我がまちのために行動しよう!

 いま、このまちに住み暮らす人たちの内、どれ程の人たちが弘前市民であることに誇りを感じているでしょうか。どれ程の人たちが地域に魅力を感じ、或いは地域が持つ魅力を理解し、他者へ伝えられるでしょうか。私たちのまちは様々な魅力で溢れています。一方で、住み暮らすうえで様々な課題もあります。このまちをより良くしたい。そのためには魅力と課題の本質を探り、私たちだけで孤軍奮闘するのではなく、一人でも多くの市民を巻き込み目指すべき方向を共有し、共に悩み、共に創り上げることで多くの「共感」を生み出す必要があるのではないでしょうか。会員の外にも多くのアクティブ・シチズンの輪が広がったとき、誇らしいまち弘前は必ず実現できる、そう信じます!

生き抜く知恵を与えよう!

 2人の子をもつ親として子育てに奮闘するいま、地域の子どもたちへの教育や将来について、これまでとは異なる視点から考えるようになりました。学校教育のなかで学ぶ勉強とは、学校という閉じた世界の中だけのものではなく、いずれ社会に出て生き抜くための力を養うものであります。しかし、義務教育課程修了後に社会へ出なければならない子どもたちや、大学への進学を選択しない・或いはできない子どもたちにとって、高度に発達した文明社会であり法治国家である我が国においては、生き抜くために十分な知識という武器を与え切れていないのではないでしょうか。それは租税や社会保障、政治や金融など、この世界を取り巻く複雑なルールであり、知らないというだけで多くの不利益を被っているのではないでしょうか。学ぶことの真の目的とその価値について、様々なバックグラウンドを持つ会員がいる私たちだからこそ伝えられることがあるはずです。そして、知ることは子どもたちを守ることにつながり、地域の大人によって守られた子どもたちがまた次の世代を守る好循環を生み出し、持続可能な地域としてその価値を高めていく。魚を釣って与えるのではなく、釣る術を授ける。価値ある学びを子どもたちへ届けましょう!

共に挑む同志の輪を広げよう!

 青年会議所に入会することで得られる最大の財産は「同志」との出会いであります。しかしこれは、ただ入会しただけでは得ることはできません。同じ方向を目指して共に悩 み、共に挑み、共に乗り越えたものだけが手にすることができるものであり、やがてそれは生涯の友と呼べる財産となるのです。地域をより良く変革するためには、多くの困難が付きまといます。しかし、仲間と一緒なら必ず乗り越える術を見つけることができます。地域をより良く変革するために、私たち自身がより良く成長するために、共に挑む同志の輪を広げていきましょう!

世代や距離を超えた仲間と交流しよう!

 私たち青年はまだ若いが故に、時に選択を誤り、時に道を踏み外しそうになります。しかし、私たちには時には気にかけ、時には本気で叱ってくれる先輩方がいます。これがどれだけ有難いことか、近頃強くそう感じます。そして、私たちには遠く離れた地で共に挑み続ける仲間がいます。長い歴史のなかで育んできた友情があります。この、世代や距離を超えた仲間たちともっともっと語り合いましょう。たとえ直接会えずとも、様々な場面で様々な手法を駆使して。それは必ず私たちに新しい気づきと学びと出会いを与えてくれるのだから!

結びに ~挑戦を楽しもう!~

 楽な道の先に理想の自分は待っていてはくれません。失敗を繰り返しながら困難を乗り越えた先にこそ、理想の自分・なりたい自分が待っていてくれると信じます。そして、どうせ挑むなら楽しみながら挑んだほうがいい。私たちが楽しむその姿がより多くの人を惹きつけ、巻き込んでいくきっかけになるのだから。どんな経験も決して無駄にはなりません。2022年が終わる頃、大きく成長した自分を想像しながら、大いに楽しんで挑戦していきましょう!

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る